Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スマイルパーティーへ。

先日、聖路加スマイルパーティーに参加しに上京しました。
聖路加スマイルパーティーとは、年に1回開催される、聖路加国際病院で治療を受けた乳がん患者と医療スタッフの交流会です。
...赤ちゃんを義両親に預けてまで行くものだろうかと自分でも思います。あたたかく送り出してくれた義両親と旦那さまに深く感謝しながら、図々しく東京に2泊もしてきてしまいました。

初日は、じぇにこさん、やっぺさんと銀座のMUJIカフェでランチして、月光さんが来たあと、教文館でクリスマスグッズを見て、ピエールマルコリーニでチョコパフェとチョコケーキ食べて、中目黒の青の洞窟イルミネーションを見に行って、ワンタンと担々麺をはしごして、やっぺさんち泊。

2日目はいよいよスマイルパーティー。
ブレストセンターの先生方の紹介ビデオや、それぞれの患者会の紹介、乳がんサバイバーによるフラダンスや、医療スタッフによる「Let it go」よさこいダンス、バンド演奏、肺小細胞がんサバイバーの方による「いのちの落語」などなど、時にじーんと感動したり、大いに笑わせてもらったり。
最後に患者に向けたビデオのなかで、ブレストセンターのテーマソングとしている、私も大好きなAIさんの「Story」が流れました。「あなたは一人じゃない。乳がんに一緒に寄り添い、共に歩いていきましょう。」という聖路加の先生方のメッセージとともに、聞きながら、思わず号泣してしまいました。患者のことをこんな風に考えてくれる病院で、本当にここで治療してもらえてとても幸せだったなぁと思います。東京で一人で病気と闘えたのは、私を支えてくれた優しい先生や医療スタッフやお友達や家族のおかげだったなぁと、1年前を思い出し胸が熱くなりました。ビデオのあとには、AIさん本人が出演されて私たちを励ましてくれて、さらにStoryを1フレーズ歌ってくれるという、サプライズ映像もありました。どんだけすごいんだ〜
「Story」本当にいい曲ですね。聞けば今でもタオルが絞れるぐらい泣けると思います。

そのあとは茶話会があり、先生方とお話したり、お楽しみ抽選会があったり、闘病中に必要なウィッグやつけまつげ、スキンケアなど美容グッズの紹介ブースを回ったり。
ここで会えた乳がん妊婦仲間とは、それぞれの子育てについて相談したり、近況を報告し合ったり、たくさん話をしました。子連れで来ている友達もいて、置いてきた娘を思い出し、勝手にセンチメンタルになったりしました。本当にかわいいお子さんばかりで、ほっこり癒されました。乳がん妊婦仲間で集まっていると目立つのか、先生方から声をかけてくれたりして、先生方ともたくさんお話をすることができました。
他にもjasminさんや、就労リングで一緒だった方など、懐かしい人たちにたくさん会えました。
最後は、ブレストセンターの先生方や医療スタッフが、トンネルアーチを作って、患者一人一人に声をかけながら送り出してくれました。またまた感動しました。

ブレストセンター長の山内先生自ら、よさこいを先頭で踊ったり、最後のトンネルアーチまで積極的にこの会に関わってくだっていて、他の病院ではあり得ないことなのではないかなと思います。患者にいつも寄り添ってくれる聖路加は本当にすばらしい病院だと思うし、ここで治療してもらえたことは本当に幸せでした。

そのあとは、ご近所ぽんメンバーと築地パラディーゾでご飯を食べて、懐かしい聖路加チャペルに行って、またまたやっぺさんち泊。田舎っ子が都会の高級マンションに2泊もさせていただいて、なんだかリッチな気分になれました〜。とっても感謝しております。ありがとう、やっぺさん!!

翌日は、銀座で家族へのお土産を買ったあと、ぽめさんのお車に乗せてもらって、ホテルの中華ランチへ。ぽめさん、ちゅらりんさん、みくさん、えださん、なごみさん、hikariさんとお会いすることができました。思えば、この日の1年前は、ちゅらりんさん、hikariさんと三渓園に行った日、そのときのことを懐かしく思い出しました。
久々にお会いした気が全くしない皆さん。楽しくお話していると数時間があっという間に過ぎてしまいました。

地元の空港に着くと、義父が車で迎えに来てくれていました。思えば、私の父は病気だったし、母は免許を持っていないので、家族が私を迎えに来てくれるという体験は、これまで私にはあまりないことでした。お友達と一緒に飲みに行ったりしたときに、家族が迎えに来てくれるのを、すこしうらやましく思っていたのを思い出します。
娘を置いて遊びに行ったに近いのに、こうして迎えにまで来てくれるなんて、本当にありがたいことです。改めて義父にお礼とお詫びを言うと、「全然いいんだよ。同じ病気の友達と会うことは力になると思うしね。楽しんで来れたならよかったよ。」なんて、言ってくださって。本当に本当に素晴らしい義両親です。深く感謝しております。
スポンサーサイト

ハーセプチン11回目と脳MRI。

先週、ハーセプチン11回目の投与と、脳MRI検査を受けました。
造影剤入りのMRI検査を受けるのは、3回目?だと思いますが、キュイーンガーピシーッという爆音と機器の圧迫感にもずいぶん慣れ、落ち着いて検査を受けることができました。30分ぐらいだよな〜と思っていたら、15分ほどで終わり、あれ?こんなもんだっけ?って感じです。脳だけだったから短かったのかな??

頭痛は地味に続いていますが、あまり感じないときもあり、ひどく感じるときもあり。これまで人生で頭痛ってあまり感じたことがないので、少しの痛みでもまぁまぁ恐怖なのです。ビビリなので、ネットでも丹念に調べてみましたが、偏頭痛のように拍動しないし、緊張性頭痛とも違う気がするし。
ということで念のため受けた脳MRIの結果発表が今日でした。結果、異常所見なし!ばんざーい!!
よく分からない頭痛は続いていますが、何かの副作用だと思うので、これからはあまり気にせずに、うまくつきあっていこうと思います。

同時に、血液検査の1CTPの結果も返ってきました。正常値4.5以下のところ、今回は5.9・・・うーん、異常値ですが、前回の8.0よりは下がりました。なんとなく心がざわつきもしますが、あまり深く考えずに経過観察していこうと思います。

娘は、つかまり立ちから伝い歩きを始めました。見慣れない義兄に号泣したり、フォトスタジオの雰囲気に号泣したり、少しずつ周りが分かるようになってきたのかな。
目が覚めたときとかに呼びかけると、にぱ〜っと笑ってくれて、それがたまらなくかわいいです。「こんなにかわいいとお母さん困るわ〜」って娘を抱きしめながらコロコロ転がって、キャハキャハ笑い合って、とても幸せを感じています。

Appendix

Recent Trackbacks

Profile

koko

結婚後すぐに乳癌が見つかり、手術後、妊娠している事が分かりました。治療しながら出産を目指すために、旦那さまと離れ、東京で一人暮らししながら頑張っています!

Extra

プロフィール

koko

Author:koko
結婚後すぐに乳癌が見つかり、手術後、妊娠している事が分かりました。治療しながら出産を目指すために、旦那さまと離れ、東京で一人暮らししながら頑張っています!

最新記事

アクセスカウンター

検索フォーム

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。