Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホルモン療法(情報)。

ホルモン治療、アロマターゼ阻害薬のほうがいいみたいですね。今はタモキシフェンを飲んでいますが変更してもらおうかな。タモキシフェンのみ使用群の今年末の結果を見てからにしようかな・・・。

閉経前ホルモン陽性乳癌女性の治療に卵巣機能抑制併用療法の新たな選択肢(ASCO2014)/NCIプレスリリース

2014年6月1日
乳癌治療に用いる薬物エキセメスタンは、乳癌予防に広く用いられるタモキシフェンと比較して、術後の卵巣機能抑制療法と併用する閉経前女性において、乳癌再発の予防効果が高い。これは、ホルモン治療に感受性のある早期乳癌の女性を対象とした試験の結果である。
この試験は、International Breast Cancer Study Group(IBSCG)が、Breast International Group(BIG)、North American Breast Cancer Groupと共同で実施し、米国国立癌研究所(NCI)、IBSCG、製薬企業Pfizer社、Ipsen社の研究助成を受けた。TEXT(Tamoxifen and Exemestane Trial)試験とSOFT(Suppression of Ovarian Function Trial)試験を併合解析した結果が、シカゴで開催された2014年米国臨床腫瘍学会(ASCO)の年次総会(late breaking abstract #1)およびNew England Journal of Medicine誌電子版で発表された。
エキセメスタンと卵巣機能抑制の併用療法は、タモキシフェンと卵巣機能抑制の併用療法と比較して、全浸潤癌のリスクを28%低下させ、浸潤性乳癌再発リスクを34%低下させた。試験開始から5年時点で乳癌無再発の女性は、エキセメスタン+卵巣機能抑制群で92.8%、タモキシフェン+卵巣機能抑制群で88.8%であった。
エキセメスタンなどのアロマターゼ阻害薬による治療は、閉経後乳癌患者において、タモキシフェンによる治療よりも利益が得られることが以前から示されていた。アロマターゼ阻害薬は、アロマターゼ酵素のはたらきを妨げることによって、女性ホルモンの一種であるエストラジオールの形成を阻害する。TEXT試験とSOFT試験はいずれも、エキセメスタンと卵巣機能抑制療法の併用によって、この利益を閉経前女性にも拡大できるかどうかを確かめるために実施された。ホルモン感受性乳癌は、エストロゲンまたはプロゲステロンの受容体が陽性である乳癌と定義される。米国では50歳未満の女性で診断される乳癌の79%を占めている。
第3相ランダム化試験であるTEXT試験とSOFT試験には、2003年11月から2011年4月の間に、27カ国の500を超える医療施設で、閉経前のホルモン受容体陽性の早期乳癌患者がそれぞれ2,672人と3,066人登録された。2つの試験で計4,690人の患者が、エキセメスタン+卵巣機能抑制療法群とタモキシフェン+卵巣機能抑制療法群に無作為に割り付けられ、5年間の術後療法を受けた。SOFT試験には、タモキシフェン単独の第3の治療群がある。この群は2014年末に解析される予定である。一部の患者は、術後補助療法の一環として化学療法も受けている。
TEXT試験とSOFT試験は、相補的にデザインされている。2つの試験は、同時期に同じ一般母集団を対象に実施され、2つの治療群が共通している。両試験を併合解析することにより、個別の場合よりも早く、医師と患者に結果を提示することができた。
卵巣機能抑制療法は、閉経前女性の乳癌治療に何十年も用いられてきたが、他の療法と併用した場合に利益の上乗せがあるかどうかは依然としてわかっていない。両試験では、卵巣機能抑制療法をタモキシフェンまたはエキセメスタンと併用した。閉経前女性でエキセメスタンなどのアロマターゼ阻害薬を使用するには、卵巣が産生するエストロゲンを抑制する必要がある。TEXT試験とSOFT試験では、卵巣機能抑制療法として、月1回のGnRH作動薬triptorelin(トリプトレリン)注射、両側卵巣の外科的切除、または卵巣への放射線照射を行った。
「この結果は、閉経前のホルモン感受性乳癌女性に、新たな治療の選択肢をもたらします。アロマターゼ阻害薬はこれまで閉経後の女性のみに推奨されていました。この研究の結果、卵巣機能抑制との併用によって、閉経前の女性にも有効であることが示されました」と、本研究の共同責任者であり、Oncology Institute of Southern Switzerland(スイス、Bellinzona)乳腺科医長のOlivia Pagani医師は述べています。「私も一臨床医として、閉経前患者に卵巣機能抑制による補助療法を日々勧めていますが、この結果を受けて日常の診療が変わることでしょう。今後はタモキシフェンではなく、アロマターゼ阻害薬と卵巣機能抑制療法を併用するつもりです」。
NCIの支援により、米国とカナダのTEXT試験およびSOFT試験の参加がNorth American Breast Cancer Group (NABCG)を通じて実現した。TEXT試験とSOFT試験の全患者登録のうち、3分の1はNABCGが関与し、半数はBreast International Group(BIG)ネットワークに加盟する腫瘍学共同研究グループが関与した。Alliance(旧CALGB)が主導する北米の参加によって、試験への患者登録が加速され、早期に結果が得られるため、今回のような日常診療を変える結果が迅速に現場に還元される。
再発率低下に対する治療の有効性の評価に加えて、患者の申告による生活の質の評価と、医師からの副作用の報告が5年間収集された。「この2つの治療法で、患者の申告による生活の質の結果と、重篤な副作用の頻度が全般的に同様であったことは安心すべきです」と試験の共同責任者であり、Tom Baker Cancer Centre(カナダ、カルガリー)の腫瘍内科医、カナダ国立癌研究所(NCIC)臨床試験グループのBreast Disease Site Committee執行役員であるBarbara Walley医師は述べている。「この閉経前女性の母集団で報告された副作用は、タモキシフェンとアロマターゼ阻害薬が多くの人に処方されている閉経後女性の場合と同様です」。本試験に参加している閉経前女性を継続して追跡し、長期予後、忍容性、副作用を評価する。
「本試験の閉経前女性の場合のように、患者の転帰を改善する研究において、北米内さらにはその枠を超える国際的な協力が重要であることが明確に示されました」と、ハーバード大学医学部教授であり、ダナファーバー癌研究所(ボストン)に設置されたIBCSG Statistical Center(統計センター)責任者であるRichard Gelber博士は述べている。「このNCIとIBCSGの連携は、今後臨床研究を進めていく上での一つの成功モデルとなります」。
参考文献: Pagani O, et al. Adjuvant exemestane with ovarian suppression in premenopausal breast cancer. NEJM early online. June 1, 2014. ASCO late breaking abstract #1. TEXT: Clinicaltrials.govNCT00066703.
SOFT: Clinicaltrials.govNCT00066690.
(図) エキセメスタンの分子
******
月橋純子 訳
林正樹(血液・腫瘍内科/社会医療法人敬愛会中頭病院)監修
******
スポンサーサイト

ホルモン治療と放射線治療開始。

ホルモン治療が7月9日から、放射線治療が7月14日から始まりました。

ホルモン剤(ノルバデックス)は、今のところ、毎日忘れずに飲めてます。朝飲み忘れて昼飲むとか、多少、服用時間がズレることはありますが、まっ、大丈夫だろう・・・。ホットフラッシュなどのホルモン剤の副作用は今のところ感じません。また、LH−RHアゴニスト製剤(リュープリン)は、やっていません。前の病院では、「有効だという結果が出ていないし、アメリカではやってないし、やりません。」ということだったのと、やるにしても生理が復活してからでいいだろうと思うので・・・。

放射線治療は、全30回。25回の全乳房照射に加えて、うちの病院は、ほぼ全ての患者さんにブースト照射5回を追加するそうです。私のような断端陰性でもブースト照射をしたほうが再発は減るということが発表されているので、前向きな気持ちで、受けておこうと思います。6週間もの長い期間、しかも真夏の暑いときに、わざわざうちの家に来てもらって、通院の間、娘を見てくれている義母と姉には本当に申し訳なく、とてもありがたい気持ちです。
今、9回目の照射が終わったところですが、ちょっぴり黒ずんできたような・・・私は日に当たると日焼けするタイプなので、胸も放射線で日焼けしたようです。あと、術側の手の筋が痛むようになりました。手をまっすぐ伸ばせません。放射線医に聞くと、「放射線の副作用ではなく、照射のときに手を上に上げるのが原因でしょう。手術の後遺症だからこれはどうしようもないよね〜。」とのことでした。ちょっと手を上げたぐらいでこうなるなんて・・・これから大変だなぁ〜。

最後の抗がん剤投与から約1ヵ月たちましたが、まだ、足の指のしびれ、手指のこわばり、膝などの関節痛、全身の倦怠感が残っています。全身の倦怠感は、薬のせいではなく、産後のせい、運動不足のせいかもしれません。ちょっと動いただけで息切れしてしまいます。毛もまだ生えてきませんねえ・・・ま、涼しくっていいですけど。(笑)

娘は4ヵ月になり、寝返りができるようになりました!ちょっと早めかも!
最初は、寝返りなんかしたらうつぶせのまま窒息しちゃうんじゃと心配でしたが、上手に首をぐぐぅ〜っと上げて、キョロキョロしています。まるでウミガメのようです。(^^)
声をかけると「きゃっきゃ」と笑ってくれるし、ご機嫌のときには私の顔を見て「おごーおごー、うごー!」って、一生懸命に何かをお話をしてくれます。順調に育ってくれていて、うれしい限りです。

告知から1年。

今日で、乳がんの告知から1年でした。
告知といっても、細胞診の結果を聞いただけなんですけれど・・・。そのときの衝撃を思い出しても、後の生検の確定診断のときではなく、このときが、私にとってのがん告知だったと思います。
診察室に入り、先生の机の上の紙に「ClassⅣ」と書いてあるのが見えました。その瞬間から、頭が真っ白、先生が話す言葉が全く耳に入りませんでした。それまでにネットで調べまくっていた私は「細胞診でClassⅣはほぼがん」と知っていました。「どうしようどうしよう・・・私死ぬのかな、子供産めないのかな、なんでなんで・・・」。いろんなことが頭を駆け巡り、どうしていいか分かりませんでした。本当にショックでした。
真っ白な頭のまま、なんとか車を運転して家に帰り、這うようにしてベッドにあがり、旦那さまに電話をしました。病院で言われたことを伝えながら、号泣して謝りました。
すぐに仕事から帰ってきてくれた旦那さまと泣きながら眠れない一夜を過ごし、数日はショックから抜け出せませんでした。
悲しい子宮外妊娠をして、すぐにでも子供が欲しいと思っていたときだったので、何より子供が産めなくなるかもしれないということが辛かった。将来に妊娠の希望を残す方法を必死に探しました。

それから旦那さまは仕事を早く切り上げて帰ってくれるようになり、夕方、私の散歩に付き合ってくれるようになりました(乳がんには運動がいいということで散歩を始めていたのです)。家の近所には、若い夫婦がたくさん住んでいて、小さなお子さんを連れているお母さんをよく目にしました。胸が締め付けられるようでした。
でも、旦那さまの手を握りながら、「治療が終わる何年後かには、ああなっている!って、そう思えば叶う気がする。」とか「将来生まれる子に名前を付けておこう。何年後か分からないけど、絶対産んであげるんだ〜」とか、旦那さまと自分に言い聞かせながら、絶望の中で、なんとか明るい将来を描いて、気持ちを奮い立たせていたのを憶えています。

1年前の私に、「1年後は元気な娘を産んでるよ〜。」って伝えると、びっくりして倒れるんじゃないかと思います。(^^)人生は何が起きるか分かりませんね。

先週木曜日からノルバデックスの服用も始まり、明日からは放射線治療が始まります。
これからも治療は続きますが、これからもいろんな幸せな奇跡が起きることを信じて、明るく前向きに頑張って行こうと思います。

妊娠期乳癌への抗がん剤治療(新聞記事)

昨日の朝日新聞に、「妊婦に抗がん剤、子どもに影響なし 乳がん患者を調査」という記事が掲載されました(以下に貼付します)。また、報道ステーションでも取り上げられたようです。

私が治療を受けたのも、聖路加国際病院でした。
昨年8月の乳がん手術後すぐに妊娠が分かって、日本乳がん学会HPの「患者さんのための診療ガイドライン」を読んで、「わーい、産めるぞ〜!」と喜び勇んでいたところ、主治医に中絶を勧められて・・・再び、ネットで必死に情報を集めて、見つけた病院が聖路加国際病院でした。
田舎からセカンドオピニオンの申し込みに行ったのですが、病院の事務に紹介状を渡し、飛行場に帰っている途中で携帯に連絡が入り、「乳腺外科医が今から話を聞くと言っていますが、戻って来れますか?」とのこと。きっと田舎から出てきた私のことを気遣ってくれたのだと思います。
セカンドオピニオンをしてくれたのは、山田邦子さんの治療もされた有名な先生。とても忙しい先生だと思うのに、時間をかけて丁寧に詳しくご説明してくださって「産めるし、産んでもあなたの予後には影響しないよ」って言ってくださって、「やっと病院を見つけた!」と涙が出るほどうれしかった。
治療中は、乳腺外科、腫瘍内科、産科、小児科などいろんな科が垣根を越えて連携し、私の治療をサポートしてくださいました。どの科の先生も優しく素晴らしい先生方ばかりで、聖路加国際病院で治療していただけて本当に幸せだったと思います。

3000人〜1万人の妊婦さんに1人という割合の妊娠期乳癌。年間100万人以上の赤ちゃんが産まれる日本では、年間数百人いるのでは?と思います。ですが、積極的に治療している聖路加国際病院でも14年間で34人。乳がん患者全員に抗がん剤治療が必要なわけではないですが、それでも少ないな〜と思います。
海外では積極的に行われ、日本乳がん学会のガイドラインでもOKとされていることが、なぜ日本の多くの病院で行われていないのか。学会発表されることで、この治療を選択肢として与えられる妊婦さんが増えてくれることを願っています。

☆7月8日報道ステーション放送内容
Iさん、視聴できるところを教えてくれてありがとう〜♪

☆7月8日朝日新聞朝刊掲載内容
「妊婦に抗がん剤、子どもに影響なし 乳がん患者を調査」
 胎児への悪影響を心配して日本では実施することが少ない妊娠中の乳がん患者への抗がん剤治療で、妊娠5カ月以降なら治療をしても赤ちゃんの健康には影響がなかったとする報告を聖路加国際病院(東京)がまとめた。14年間で34人が誕生し、これまで障害や異常などは確認されていないという。11日に大阪市で開かれる日本乳癌(にゅうがん)学会学術総会で発表される。
 20~40代で乳がんになる女性は年間約2万人と、乳がん全体の27%を占める。妊娠中にがんが見つかる人も増えており、治療優先で中絶が選択されたり、妊娠中は治療せずにがんが進んだりすることも少なくないとみられる。
 海外では一部の抗がん剤なら胎児に影響がないという報告も多く、積極的に治療をしている。日本乳癌学会の指針も、胎児が薬の影響を受けやすい妊娠4カ月以前は行うべきではないとしているが、5カ月以降は「必要と判断される場合には検討してもよい」とある。だが、がん専門病院には産科がないこともあり、聖路加国際病院に全国から妊娠中の患者が訪れるという。
 同病院は、1999年から2013年までに妊娠中に乳がんと診断され、妊娠5カ月以降に抗がん剤治療を受けた34人について調べた。妊娠中に起きた合併症は切迫早産4人、糖尿病2人、羊水過少1人、緊急帝王切開4人で、通常の出産と割合は変わらなかった。現在、子どもへの長期的な影響を調査中という。
 山内英子ブレストセンター長は「妊娠中に乳がんが見つかった場合も、産科や新生児科などの連携があれば出産もできる。赤ちゃんをあきらめず、治療という選択肢があることを知って欲しい」と語る。
 国立病院機構九州がんセンター乳腺科の大野真司部長は「妊娠中に抗がん剤治療を受けても、合併症や流産などが起こるリスクは変わらない。しかし、一般的に『妊娠中の薬はよくない』と思われているため、流産や子どもに障害などが出た場合、治療のせいにされがちだ。そうではないことを医療者だけでなく、患者や家族も理解することが大切」と話す。

お食い初め。

先週の土曜日は、娘の生後100日目。お食い初め用に近くのお魚屋さんに注文しておいた鯛の塩焼きを受け取って、1時間ほど車を運転して、義実家に行きました。
義父母や旦那さまは、私の抗がん剤投与から間もないので、家で簡単にお食い初めをしたらどうかと言ってくれていたのですが、せっかくの娘の行事なのでお祖母さんも含め家族みんなで祝ってもらいたかったのと、義実家は綺麗だし楽しいし癒されるので、義実家でやりたーいと私が強く希望したのでした。
到着すると、お義母さんがすでにお食い初めのお膳を準備してくださっていました。旦那さまも昔、お食い初めに使った漆のお膳に、お赤飯、お吸い物、お煮しめ、お漬け物と梅干し、鯛の塩焼き、氏神様で拾ってきてくださった歯固めの石も。お義母さんが、苦労して、白い綺麗な石を探してきてくれたそうです。
年長者のお祖母さまから、娘を抱っこして、口へお箸を持っていき食べさせるマネをしました。その後、順番に義父母、旦那さま、私もお箸を娘の口に運びました。娘は最初は大人しくしてくれていたのですが、元からお腹がすいていた頃だったので、だんだん我慢できなくなり、最終的に「もういや〜」って泣き出し、その後はミルクを美味しそうにごぎゅごぎゅ飲んでいました。
娘の節目の行事を家族みんなでお祝いすることができて、とても幸せでした。(^^)

その晩は泊めさせていただき、土日を義実家で過ごしました。土曜日は抗がん剤の副作用はまだ出ていなかったのですが、なぜか眠たくて眠たくてたまらなくなり、ろくにお手伝いもせず、休ませていただきました。嫁として申し訳ないです。日曜日からは徐々に体がしんどくなり、足の裏がしびれるなど副作用が出始めました。でも、清らかな空気と優しい義両親のところでゆっくりと休ませていただいたせいか、今回の副作用は少し楽な気がします。よいお天気の中、娘もお義母さんに抱っこされ、お庭や家の周りを散歩してもらい、とても楽しそうでした。

Appendix

Recent Trackbacks

Profile

koko

結婚後すぐに乳癌が見つかり、手術後、妊娠している事が分かりました。治療しながら出産を目指すために、旦那さまと離れ、東京で一人暮らししながら頑張っています!

Extra

プロフィール

koko

Author:koko
結婚後すぐに乳癌が見つかり、手術後、妊娠している事が分かりました。治療しながら出産を目指すために、旦那さまと離れ、東京で一人暮らししながら頑張っています!

最新記事

アクセスカウンター

検索フォーム

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。