Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住民票移動。

今日は、お義母さんに娘をみていただいて、車で近くの役場へ住民票の移動に行ってきました。これで娘と私は、はれて東京人から田舎者に戻りました。
帰りには、以前、よくお買い物に行っていたお店へ。私は病気になる前から、自然食品、無添加、無農薬、有機栽培という言葉が大好きで、お金が許す範囲で、日常的にそのような食品を購入していました。でも、病気になってしまったので、あまり効果はないのかもしれませんが、これからも趣味の一環として、自分の首を締めない程度に続けていこうと思います。
車を運転してお買い物をして、こうして前と変わらない生活を違和感無く送っていると、東京での生活がなんだか夢のようです。

娘はあご肉が発達し、ブラマヨの小杉さんを通り越し、だんだんマツコデラックスさんに似てきました。最近は母のミルクの準備が遅いと、「おんぎゃーおんぎゃー(なにしてるんだー、はやくしろー)」とよく泣くようになりました。それでも、そのような母の不手際が無いときは、おとなしくてとても育てやすい良い子です。(^^)
スポンサーサイト

車の運転。

夜の授乳のせいか、引っ越し疲れか、抗がん剤の副作用か(そんな副作用はないか)、単にぐうたらなだけか、今日は日中もよく寝てしまいました。廊下の山積みの段ボールを見て見ぬふりです(^^)

私の車は、この半年間誰にも乗られることなく放置されておりまして、キーをさしてもエンジンがかからなくなっておりました。田舎では車がなければ生活ができません。ということで、午後動けるようになってまずしたことは、車屋さんに電話をすることでした。

車屋さんに来てもらって、車を確認してもらいました。半年間とは言いづらかったので、3ヵ月放置したことにしました。「へ〜、3ヵ月間、どこかに行かれていたんですか?」「はい、東京に。」「ええ!東京ですか。そりゃ〜、こっちに帰ってきたら全然違うでしょ。」「そうですねえ、空気が美味しいですねえ。」
久々に会った私の愛車は、バッテリーを交換しただけで前のように動いてくれました。

夜に、近くのスーパーへ食材を買いに、車で行きました。車の運転は半年ぶりなので、ちょっと不安でしたが、普通に、前のように運転ができました。案外、忘れていないものなんですね〜。
こうして、普通の生活に戻って行くのは、うれしいような寂しいような不思議な気分です。

副作用は少しましになったような気がします。痛くなり始めるかもと思うとすぐ痛み止めを飲むようにしているので、そういうことであまりきつくないのかもしれません。でも、体がだるい感じはずっとあります。
夜になって、舌がちょっとしびれるような感じが出てきました。ひどくならないといいのですけれど。

娘は元気で、今日は旦那さまに抱かれて一緒にお風呂に入りました。私が風呂桶の外から、旦那さまの腕の中の娘をちょこちょこ洗いました。いつもどおり気持ち良さそうにしていました。(^^)

娘の1ヵ月検診とお引っ越し。

今朝は娘の1ヵ月検診に、旦那さまと一緒に行ってきました。今日は晴れていて、とても暖かく、新緑も出始めていて、気持ちのよいお天気でした。「春」を感じるお天気の中、これまで一人で何度も通った病院までの道を、旦那さまと一緒に、娘を胸に抱いて歩くことができることに、とても幸せを感じました。

1ヵ月検診では、娘に特に何の問題もなく、順調に成長しているとのことでした。体重も、出生時より1kg以上増え、一日45gペースで増えているそうです。娘の胸と腕にあるホクロについて相談したところ、「これはホクロというか、母斑ですね。成長とともに大きくなりますから、気になるようだったら皮膚科で取ってもらってもいいでしょう」とのことでした。小さい体でかわいそうですが、女の子だし取ってあげようかなと思っています。
待ち時間中、副作用の倦怠感と関節痛がきつくて、ちょっと泣きそうになりました。
ここでは、やっぺさんとニアミスをしていたみたいで、最後にお会いできず残念でした(T T)

病院の帰りに、これまで何度かお祈りに行った教会に寄りました。ちょうどチャプレンさんがいらっしゃって、「生まれたんですね、おめでとうございます!」と声をかけてくださいました。神様に御礼を言って帰ってきました。

一度、マンションに帰って、お義母さんや旦那さまと残りの掃除をしてから、退居をしました。家に帰れるのがとても嬉しい反面、この半年間、生活を支えてくれた部屋を後にするのはとても寂しい気持ちでした。

羽田空港に着き、娘にミルクをあげたりしていると、あっという間に搭乗の時間になってしまいました。後から知ったのですが、じぇにこさんと月光さんがサプライズで来てくれていたのに会うことができず、後で知って、とても残念な気持ちでした(T T)ひーん。最後に会いたかったよう。

娘は生後1ヵ月、もちろん初飛行機で、大泣きするんじゃないかとヒヤヒヤしていたのですが、寝たり、うとうとしたりで、飛行中、ほとんどいつもと変わりませんでした。大物です。(^^;)

地元の空港に着くと、姉夫婦と姪っこが来ていました。知らなかったのでびっくり。なぜか姉に号泣で迎えられ、ちょっと引きましたけど、うれしかったです。家に着くと、お義父さんが迎えてくれ、娘を見て喜んでくれました。

街は以前と全く変わらず、半年ぶりに帰ってきたような気がしません(笑)。ただ、「お空が広いな〜(高い建物が無いから)」「野菜が安いな〜(田舎だから)」「のどかだな〜」と改めて思います。

夜は、旦那さまの提案により、お赤飯を炊いてみました。旦那さまが「どうなることかと思ったけど、帰ってきてくれて良かった。これから頑張っていこうな。」と、ちょっと涙ながらに言ってくれて、ちょっとじーんと感動しました。

水天宮お礼参りとインド料理。

昨晩は副作用の関節痛、全身の倦怠感がきつく、あまり寝られませんでした。娘のミルクを作るのに体を起こすのがとてもつらくって。でも、不思議とお世話が嫌だとかは思いません。かわいい娘のため、頑張ります。

朝、腫瘍内科に連絡して、帝王切開の術後にもらっていたカロナールやボルタレンを痛み止めとして飲んでいいか聞いてみました。問題ないとのことなので、ボルタレンを1錠飲みました。1時間ほど休んでいると少しだけ体が楽になりました。
今日はtomyokoさんが病院に来ているということだったので会いに行きたかったのですが、この副作用や、引っ越しの荷造りのため、結局、行けませんでした。残念。

昼に旦那さまが地元からやってきました。引っ越しの手伝いと明日の娘の1ヵ月検診と帰郷に付き添うためです。旦那さまが娘に会うのは2週間ぶり。抱っこしたりミルクをあげたり、とても楽しそうにお世話をしていました。

夕方、引っ越しの荷物も出し終わり、体も少し楽になったので、一人でてくてくと、水天宮に安産祈願のお守りとお札をお返しに行ってきました。雨だったからか、他に参拝者は誰もおらず、いつもにもまして荘厳な雰囲気でした。手を合わせ、娘と私を守ってくださったことに御礼を申し上げました。

夜は、若年性乳がん友達5人が近くまで来てくれて、みんなでインド料理を食べにいきました。前から気にはなっていたインド料理屋さんだったのですが、どうしても入る勇気がなく、今回初めて行ったのですが、たくさんのお客さんが入っていて、また料理もとても美味しく、こんなことだったらもっと早くにくれば良かったと少し後悔しました。
タキソテール経験済みの友達に話を聞くと、副作用は3日目(まさに今!)、4日目が一番きついとのこと。そんな状態で外にご飯食べに来ているということに驚かれました。
帰りには、みんなで私のマンションまで娘を見に来てくれました。

明日、地元に帰るということ、とても嬉しい反面、とても寂しいです。こちらで仲良くなって、治療を支えてもらった友達とお別れすることは本当に寂しい。
可能であれば、ちょくちょく東京に来て、またみんなに会いたいなぁと思います。

引っ越しの準備と副作用。

昨晩は娘がよく起きていたので、今日は14時過ぎまで眠ってしまいました。起きると、足の内股にたまにピリッピリッと痛みが走り、帝王切開の傷の跡が痛みます。また、下しているほどではないですが、お腹が変でトイレの回数が増えました。タキソテールの副作用が始まったようです。

午後は、お義母さんと一緒に、引っ越しの荷造りをしました。半年住んだだけだし、家具とかは備え付けなので、すぐ準備できるかと思いきや、それなりに時間がかかっています。明日中に主な荷物は発送してしまいたいと思います。

夜になって、だんだん副作用がきつくなってきました。体全体の倦怠感、腰・膝の痛み、たまにキリで刺されるような痛みが全身のあちこちに、一番しんどいのは帝王切開の傷&腸の痛み(お腹の痛み)ですねえ。これ以上、ひどくならないといいのですけれど。ま、でも、なんとか動けるので、ぼちぼちと引っ越しの準備や、やり残したことをしていきたいと思います。

半年住んだこの部屋に、娘と二人で過ごすのは今日が最後です。長いようで短く、寂しいこともあったけれど楽しいことも多かった半年間でした。
あぁ、娘がバスタオルを蹴飛ばし、おむつ丸出しでバタバタしだしましたっ。ミルクかな〜?(^^)

お友達の訪問。

今朝は、乳がん妊婦友達のYさんが、娘の顔を見にきてくれました。Yさんはすでにお子さんが一人いらっしゃるので、新生児の子育てについて、いろいろ教えていただきました。唇のミルクだこ?は心配しなくていいとか、体の大きなホクロは1ヵ月検診のときに念のため先生に聞いてみてもとか、もう少ししたらお顔とかに湿疹が出だすかもとか・・・勉強になりました!
Yさんは7月に出産予定です。無事に出産されるよう、お祈りしております!

その後は、銀座三越に行って、お買い物をしてきました。こちらにいる間にフレデリックカッセルのミルフィーユを食べておきたいなと思い、夜、来てくれる友達にケーキを出すことを口実に買いに行ったのです(^^)。三越に入ると、綺麗なスカーフがあったので、これで御礼とはなりませんが、お義母さんにお土産として買って帰りました。売り場の人にスカーフの結び方を教えてもらったりしているとずいぶん遅くなってしまいました。お義母さんにプレゼントすると喜んでくれて、私もとてもうれしかったです。

夜は、じぇにこさんとやっぺさんと月光さんが遊びに来てくれました。ピザをとって、適当に作ったサラダと、月光さんの買ってきてくれた赤坂のしろたえのチーズケーキ、私の買ってきたケーキをみんなで食べました。この4人で集まり、遊ぶようになったのは今年に入ってからだったような気がしますが、知り合って数ヶ月とは思えないぐらい、仲良くさせていただきました。娘もお腹にいるときから、この4人が美味しいものを食べながらワーワーキャーキャーと話をしていたのを聞いていたはず。今日も、「またか」とうす目を開けて、聞いているようでした。食べ物の写真ばかりを撮って、またもや4人での写真を写すのを忘れるという能天気ぶりでしたが、離れても変わらずこんな感じで仲良くさせていただけたらいいなと思っています。(^^)/

産後初の抗がん剤投与。

今日は、産後初の抗がん剤投与(ハーセプチンとタキソテール)でした。採血結果待ちの間に、ちょうど病院に検診に来ていたやっぺさんと合流し、病院の庭園を散策しました。庭園があるのは知っていたのですが、治療中はバタバタしていて一度も行けていなかったのです。チューリップやパンジーなどたくさんのお花が咲いていて春らしく、お天気もよく、良い気分転換になりました。

腫瘍内科の主治医が4月1日で異動になったので、今日は初めての先生に診察していただきました。といっても医長さんなので、顔とお名前は存じていましたが。せっかくなので、抗がん剤のことだけでなく、ホルモン治療や、治療を中断しての妊活のことなど、いろいろご意見をお聞きしてきました。
・私の癌の病理では、タキソテールを追加することで予後がどうなるかという研究結果がないので、タキソテールを追加することはどちらでもいいと思う。患者さんの考え方次第。あなたが、今できうる治療をやっておいて、将来に後悔を残さないようにしたいという考え方なら、やったらいいのではないかと思う。
・ホルモン治療ではタモキシフェンを使用し、基本的にリュープリンは使っていない。リュープリンを使うことで良い結果になるという結論は出ていないし、アメリカでは使用していない。ただ、避妊にはなるし、患者さんが使いたいと言えば使っている。
・妊娠のための治療中断はお勧めできない。しかし、患者さん次第ではあると思う。後悔のない選択を。

血液検査の結果は問題なく、抗がん剤投与が始まりました。まず、ハーセプチンを90分。初回投与はゆっくりと90分かけて投与するそうで、次回からは30分になるそうです。その後、デカドロンを30分で投与し、タキソテールを60分かけて投与します。タキソテールの投与のときには、副作用の手足の先のしびれがましになるよう、アイスグローブを手足に装着しました。足はなんとか我慢できたのですが、手の冷えが激痛で。相当辛かった。でも手を入れたり出したりしているうちに、だんだんと慣れてきたのか、アイスが溶けてきたのか、全く痛くなくなりました。先に投与した友達には、タキソテールの副作用が辛いという子もいて、落ちる点滴を見つめながら、「お薬が効きますように、副作用がでませんように。卵巣以外にお薬が効きますように。」と祈りました。それと、やっぺさんから教えていただいた「可愛いナースの女の子が、軟膏の壷から抗がん剤をだして、がん細胞にペタペタペタペタ貼っているイメージ」を投与中頭に描きました。薬が効くという暗示にもなるし、厳めしい騎士とかじゃないので、副作用が軽くなるらしいです。想像しながら、でも寝不足気味だったもので、途中から寝てしまいました(^^)。
朝10時の予約で、投与が終わり病院を出たのは18時。やっぱり、抗がん剤投与は1日仕事です。お義母さんが娘をみてくださっていて、とても助かります。
ハーセプチンもタキソテールも高いお薬なので、お会計のときは、びっくりしました。やっていけるかしら・・・。
今のところ、副作用は何もなく、帰ってから娘をお風呂にも入れてあげられました。明日からも副作用が出ないといいのだけど。

半年間通い続けたこの病院に来るのも今日が最後です。いろいろなことを思い出し、とても感慨深く、寂しい気持ちでした。
たくさんの素晴らしい先生や医療スタッフにお世話になって、病院を通して同病の友達もたくさんできて、無事に治療を終えられて、娘を出産できて、本当にこの病院に来て良かった!!
今後は治療ではなく、思い出の場所として、たまに来てみたいなと思います。(^^)

産婦人科1ヵ月検診とお見舞い。

今日の午前中は、私の1ヵ月検診がありました。産婦人科で座って順番を待っていると、顔を憶えてくださっていた看護士さんが、「あら、こんにちは〜!どうですか?」「おかげさまで無事に出産終えました!」「まぁ、そうなの〜!ほんとだ、お腹ぺったんこになってるね!お子さんはどっちだったの?」「女の子です」「そうなの〜、かわいいでしょ〜!これからも子育て頑張ってね!」って声をかけてくれました。
その後、産婦人科の主治医に久々にお会いし、子宮のエコー検査を受けて、「多少出血しているけれど、溜まってはいないので問題ないと思います。明日から抗がん剤再開だね。頑張ってね。」と応援していただきました。「赤ちゃんは元気?」「はい!おかげさまで!3000gになりました〜」って言うと、先生もにっこり笑って喜んでくださいました。
これまで半年間通った産婦人科も、今日で来るのは最後かと思うと、感慨深かったし、なんだかとても寂しい気持ちにもなりました。

午後からは、ぽめさん、みくさん、えださん、なごみさん、えみさんが、赤ちゃんと私に会いに来てくれました♪
ぽめさん主催のオフ会を通じて、たくさんの同病の友達ができて、こちらでの生活を送る中で精神的にとても支えていただきました。私の治療と出産を応援してくれて、娘の誕生をとても喜んでくれて、今日もわざわざ家に来てくれて娘に会ってとてもかわいがってくれて(T T)皆さん、本当にいい方ばっかりで、私は人に恵まれているなぁと幸せに思います。
あと数日で地元に帰りますが、皆さんとお別れするのが、とても寂しいです。
これからもBlogなど通じて、ご縁をつないでいけたらと思います。(^^)

先ほど、寝ている娘を見ていたら、
「・・・もぐもぐもぐ・・・もぐもぐもぐ」
と定期的に口を動かしています。
夢の中でミルクを飲んでいるようです。
くぅーっっかわいいっ!!(> <)

断乳と画像検査。

今朝で断乳です。昨夜の授乳では、娘におっぱいをたくさん飲んでもらいました。朝4時の授乳では添い寝しながら飲んでもらって、娘が飲むのを止めたのは5時を過ぎてからでした。
でもやっぱり、朝食後飲む予定だった、小さなカバサールの錠剤を飲むのが辛く、家を出てから飲むことにしました。出がけに寝ぼけている娘にちょこっと最後の授乳をしました。義母が写真を撮ってくれました。5分ほど授乳してから、涙ながらに「じゃぁ、行ってくるね」と娘に手を振ると、お返しにゲボッと最後の授乳を吐き戻していました(笑)がーん。

今日は、乳がん切除手術をした病院へ画像検査を受けに行く日です。バスに乗って行くのですが、十分ゆとりをもって家を出たはずなのに駅で迷ってしまい、予定のバスに乗り遅れ、バス停で1時間近く待つはめになりました。その間に、おっぱいが止まるカバサールの錠剤を飲みました。とても寂しい気持ちでした。病院にはずいぶん遅れて着いたのですが、検査は順調に進み、主治医の診察を受け、「画像上、再発・転移を疑う点はない」とのことで、とても安心しました。家族にもすぐに連絡し、とても喜んでくれました。

検査の後、病院のレストランで遅めの昼食を食べました。窓から外を眺めていると、去年、手術のために旦那さまとこの病院で過ごしたときのことを思い出しました。一緒に産婦人科に妊娠の可能性について話を聞いたこと、治療により妊娠は極めて難しくなると聞いたこと、旦那さまに離婚しようと言ったこと、旦那さまと一緒に近くの花火を見に行ったこと、親子連れを見てうらやましくて泣いてしまったこと、手術を受けたこと。あのとき、すでにお腹の中には今の娘が居たんだなぁと思うと、本当に不思議な気持ちです。無事に生まれてくれたこと、改めて神様に感謝しました。

帰りにデパ地下で海鮮丼などを買って、お義母さんと一緒に晩ご飯を食べました。今日の画像検査で放射性物質を投与したので、私は明日の朝まで、娘に添い寝や抱っこをすることができません。帰っても娘に触れることはおろか近づくこともできず、とても寂しい気持ちでした。でも、少し離れて顔などをみることはできたので、いつものコミカルな表情に癒されました。今晩は私の部屋でお義母さんが娘の面倒をみてくれ、私はお義母さんの部屋で過ごします。長い時間、娘の面倒をみてもらうこと、とても申し訳ない気持ちです。娘がよく寝てくれて、あまりお義母さんを起こすことのないよう、別の部屋から祈っています。

出産予定日&母乳最後の日。

今日は、娘の本当の出産予定日でした。母の都合で出産予定日より3週間早くお腹から引っ張りだされた娘は、幸いすくすくと成長してくれていて、家の壊れかけの体重計で計測したところ、3000gを超えたようです。今も元気に足をばたつかせ、掛け布団代わりのバスタオルを蹴り飛ばしています。夜中に娘を見ると、大体、バスタオルを蹴り飛ばして何もかけていない状態なので、風邪を引かないか心配です。(^^;)部屋を暖かく調整してはいるのですが。

今日は母乳最後の日です。明日の朝、母乳を止めるカバサールというお薬を飲むので、それからは母乳をあげることができなくなります。目を見開いてカシカシとおっぱいに吸い付く娘のかわいい表情がもう見れなくなると思うと、とてもとても寂しいです。(T T)あと数時間ですが、後悔ないようにやれるだけ母乳をやりたいと思います。

Fumiさんと。

今日はFumiさんが遊びに来てくれました。Fumiさんは地元にいるときからほぼ暗記するぐらいBlogを読ませていただいて、可愛いイラストと、前向きな考え方が素敵だなぁと思っていました。初めてヒトのBlogにコメントをしたのもFumiさんでした。すると、心配してくださってお返事をくださって。ブロガーさんを芸能人のように遠い世界の方だとそれまで思っていましたので、とてもビックリ。東京に来て、初めてお会いして、いろいろお話をするうちに不思議なご縁も感じて。こちらにいる間、何度かお会いして、とても元気をいただきました。感謝の気持ちでいっぱいです。これからも仲良くしていただけたらいいな〜と思います(^^)

うちのお嬢さんは、出生当時、お義父さんそっくりだったのですが、その後、I元都知事→ガッツ→初代ひらパー兄さんと、似ている顔を変えながら、順調に成長しております(笑)他にも似ているものはたくさんあって、お猿さんとかひな鳥さんとかオランウータンの赤ちゃんさんとかおまんじゅうさんとか、母に好きに呼ばれながらも我関せずで楽しそうにしています。最近は、起きている時間も長くなって、だけど泣きもせず、一人でフガフガと手足をばたつかせていることが多いです。寝返りこそしませんが、布団の上を微妙に移動するようになり、ちょっとヒヤヒヤします。ミルクを飲む量も増えてきました。このまま順調に成長していって欲しいなと思います。

旦那さま帰る。

今日は、お義母さんと旦那さまに娘を見ていただきながら、日中はほとんど寝て過ごしました。うちのお嬢さんは、夜は比較的良く寝てくれるのですが、それでも3〜4回は起きますので、やはりちょっと寝不足なり、日中は油断するとほとんど寝てしまいますね〜。今日も旦那さまは、娘の横に寝そべって、ずっと顔を見ています。ほんと飽きないみたいですね。(^^)

午後、旦那さまが娘をお風呂に入れました。私が横から洗うのを手伝って、旦那さまの後ろからお義母さんがビデオで撮影してくれました。旦那さまが、ちょっとぎこちないながらも、上手に丁寧に娘をお風呂に入れてくれて、娘も口をとがらせて「ふぅ〜」というような表情を浮かべて、とても気持ち良さそうでした。

その後、旦那さまは地元に帰りました。帰り際、やはりとても寂しそうでした。あと2週間。2週間後には家族で一緒に暮らせます。もう少しの辛抱です。

順調に成長。

今日、家にある体重計で赤ちゃんを量ってみました。まず私が赤ちゃんを抱っこして体重計に乗り、その重さから私の体重を引きます。古い体重計なので正確でないかもしれないのですが、赤ちゃんは2800gぐらいになっているようです。(^^)
確かに、ここ数日で顔は丸々とし、あごの下には肉が付き、体もしっかりしてきました。脚力は素晴らしく、掛け布団にしているバスタオルを蹴り飛ばします。
最近は、少しずつ起きている時間も増えてきたような気がします。ふにゃふにゃ言いながら手足をバタバタさせたり、目を開いてぼーっとしてたり。うちの子はなぜかほとんど泣かなくて、お世話もとてもしやすくて助かります。本当にお利口な良い子です〜(T T)。←親バカ

今日は義母に赤ちゃんをみてもらって、少し外出をしてきました。区役所に出生関連の届の必要書類を提出しに行ったり、最後のエコー写真のプリントを取りに行ったり。道すがらの通りや公園の桜が満開で、とても綺麗でした、ついでに、少し足を伸ばして、イデミスギノさんでケーキを買って帰りました。義母と一緒にお茶をしながら、ちょっと大人な味のケーキに二人で感動しながら美味しく頂きました。

義母は日中ほとんど一緒に居てくれるのですが、赤ちゃんをとてもかわいがってくれていて、それを見ているととても嬉しいし、家事やお世話も手伝ってくれて本当に助かります。とても有り難いです!

Appendix

Recent Trackbacks

Profile

koko

結婚後すぐに乳癌が見つかり、手術後、妊娠している事が分かりました。治療しながら出産を目指すために、旦那さまと離れ、東京で一人暮らししながら頑張っています!

Extra

プロフィール

koko

Author:koko
結婚後すぐに乳癌が見つかり、手術後、妊娠している事が分かりました。治療しながら出産を目指すために、旦那さまと離れ、東京で一人暮らししながら頑張っています!

最新記事

アクセスカウンター

検索フォーム

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。